土地活用は駐車場で決まり!毎月嬉しい副収入

お金

相続税対策はお済みですか

マンション

増税された相続税対策

2015年1月1日より施行されたのが、相続税改正です。大幅な増税となった相続税改正により、相続税は富裕層の問題ではなくなりました。課税対象者が大幅に増加しており、一般的な家庭でも相続税の対策をしなければならなくなったのです。また、元々相続税課税対象であった家庭でも、大きな税負担が発生することになります。基礎控除額が大幅に減額されたことにより、課税負担が大きく増えてしまいます。そのため、増税された相続税には、土地活用できちんと対策を行うことが重要です。土地活用による相続税対策には、相続税の評価額を下げる効果があります。土地に賃貸住宅を建てることにより、土地は貸家建付地と評価されるようになります。この評価により借地権割合や借家権割合に応じて、相続税の評価額が減額されるようになります。

小規模宅地等の特例も享受

賃貸住宅を建てることにより大きく相続税評価額を下げることができる土地活用には、まだまだメリットがあります。小規模宅地等の特例を享受できるようになるため、さらに相続税評価額を下げることができるのです。小規模宅地等の特例により、賃貸部分は200平米まで50%減額されます。また、居住用部分は240平米まで80%減額されます。併用住宅を建てた場合には、それぞれを按分し、一定の面積までそれぞれ減額されるのです。大きく土地の評価額を下げることができるため。相続税対策として土地活用は非常に有効です。また、最近では放置された空き家には、課税が強化される傾向にあります。土地の固定資産税の負担が大幅に増加してしまうため、賃貸住宅を建てて土地活用をする必要性が高まっています。